Dr.'s Prime導入事例

弊社サービスを導入された病院様へのインタビューを掲載しております。

データ分析で課題が明確に、救急を断らない医師採用で応需率改善を目指す

奈良西部病院様は奈良県奈良市にある病床数117床の二次救急指定病院です。

「地域の皆様の健康生活に貢献し、信頼される病院を目指す」という理念のもと、様々な社会要請に応えられるよう常に医療レベルの向上に努められております。

今回は、データ分析サービスを利用した奈良西部病院の地域連携室長 兼 総務課長の松田様に弊社の仲谷がお話を伺いました。

 

f:id:drsprime_case:20210121201938j:plain

続きを読む

常勤の働き方改革を進めつつも、グループの急性期病院として質の高い救急医療を提供したい

東大和病院は病床数284床の二次救急病院です。

北多摩西部医療圏を支える社会医療法人財団大和会グループの急性期医療を一手に担っています。

2019年4月よりご利用中で、主に当直帯の非常勤医師を月12回採用されていらっしゃいます。

今回は野地院長先生と事務長の直井様から弊社の中務がお話を伺いました。

 

f:id:drsprime_case:20201005105633j:plain

左:事務長直井様 右:野地院長先生
続きを読む

公立病院における「救急を断らない医師」採用

 

共立蒲原総合病院は、富士市に位置し、静岡市富士市富士宮市を構成市とする一部事務組合立の公立病院です。

 

また、一次、二次救急医療の対応を含めた急性期病床、地域包活ケア病床、療養病床を有するケアミックス型の病院であり、地域の医療機関とも連携を図りながら医療を提供しています。

病院の規模は267床です。

 

今回は、この公立病院の事務長を務める吉田様と総務課の高田様に弊社社員の高井がお話を伺いました。

 

続きを読む

地域で唯一の急性期病院の「救急車を断らない医師」採用

公立館林厚生病院群馬県の東毛地区にある太田・館林2次医療圏の公立病院です。

 

「信頼、安心 すべては、患者さんのために」という理念のもと近隣の病院や医師と連携を取りながら、地域の住民の健康を守るための診療を行っています。

 

今回は、公立館林厚生病院の事務部長を務める川緑様と人事秘書課の森様に弊社社員の高井がお話を伺いました。

f:id:drsprime_case:20200923141114j:plain

左:人事秘書課 森様 右:事務部長 川緑様
続きを読む

救急体制強化のための質の高い医師採用

 

東葛クリニック病院は千葉県の松戸市に位置する透析医療の中核病院です。

血液透析療法を中心とした幅広い診療領域をカバーし、病院群輪番制による二次救急医療に携わっています。

 

今回は、東葛クリニック病院の事務長の仲村様に弊社社員の高井がお話を伺いました。

続きを読む

救急体制立て直しの起爆剤に

f:id:drsprime_case:20190729101621j:plain

吉祥寺南病院は、東京都武蔵野市吉祥寺にて、脳神経外科、内科、外科、消化器科、整形外科、皮膚科、泌尿器科を標榜しています。地域の急性期病院として、24時間365日診療を行うほか、急性期治療とともにリハビリテーションや在宅復帰への支援を多く行っています。

 

今回は、2008年1月より事業継承され院長を務める山下先生と、事務部の渡邉様にドクターズプライム代表医師の田がお話を伺いました。

続きを読む

次世代救急クリニックにおける質重視の医師採用

f:id:drsprime_case:20190702103705j:plain

ふじみの救急クリニックは、埼玉県ふじみ野市を中心に、救急科・脳神経外科診療を行っているクリニックです。

2018年11月に脳神経外科をリニューアルし、「ふじみの救急クリニック」として新しいスタートを切りました。現在は、脳外科診療や生活習慣病管理などに加え、24時間・365日オープンの救急外来で、重症の救急車受け入れから夜間・休日のコンビニ受診までどんな症状にも対応しています。

すべては患者さんのために」という理念のもと、地域の皆様に安心を届けるため、自院で高規格救急車を保有し行政の救急隊と同等の能力を持つ民間救急隊を併設するなど、先進的な取り組みを続けています。

今回は、この次世代救急クリニックを開業し、理事長・院長を務める鹿野晃先生に弊社代表取締役の田がお話を伺いました。

 

 

続きを読む